サイトメニュー

基礎知識と整形の種類

訂正線

日進月歩

美容整形技術は常に日進月歩しています。数年前には不可能だったことがもう今は可能となっています。そのため、相当早いスピードで美容整形技術は進んでいると言えるでしょう。ついこの間までごく当然だった施術方法が今ではもうほとんど誰も使わない施術になってしまっていたり、いつの間にかより体に負担のない施術が可能となったり、このような技術の進歩こそ現代、美容整形を受ける方が非常に多くなっている理由だと考えられます。ほんの2、3年前までは、二重にするためにはほとんどの美容外科では「瞼を切る」という施術を実施していました。ところが現在では埋没法などの「一切メスなど使わず、切らずに施術が終わってしまう」というような体に負担のない優しい施術がメインになっています。「切らない」ということはそれだけで時間短縮でき、さらには、いわゆる施術後の腫れや痛みなどが最小限で済むということになりますから、今まで美容整形施術に躊躇してきた人も、かなり気軽にチャレンジしてみようと思えるようになるわけです。たとえば、これまでは顔の皺やたるみを無くしたいというとき、髪の毛の生え際付近をぎゅっと糸で引っ張るリフトという施術が行われていました。でも、今はスキンブースター注入法という施術で、もっと自然に負担も少なく、もっと簡単に皺やたるみを除去できるようになっています。これは粒子の微細なヒアルロン酸を真皮に注入するという方法であるため、特に年齢を感じさせ、目立ちやすい首の皺にも効果的なのです。この方法も繰り返し行うことで若々しく美しい肌が蘇るようになるですから、美容整形の技術の進歩というものは凄まじい勢いで発展しているのです。一昔前までの効果が出るまでに時間がかかり、しかもリスクも高かった美容整形から、安価でスピーディに安心して受けられる美容整形にどんどん進化していっていることが、どんな人でも気軽に美容整形を受けてみようかな?という気持ちにさせるのでしょう。

韓国の事情

日本では局部的な美容整形であるいわゆるプチ整形が流行っていますがお隣の韓国では全身にメスを入れるような美容整形が、ごく普通だと言われます。その上高い美容整形技術を持っているため、美容整形後は元の顔の面影さえ全くなくなってしまうこと変わってしまうといいます。見た感じは正しくまるで別人のようなだといいます。韓国では美しい女性=勝ち組女性という考え方が非常に強いようで、そのためにさまざまなお祝いや祝福のために美容整形をプレゼントするようなこともあるようです。女性の場合、目頭の切開、二重まぶたへの変更や顔を小さく見せるためにエラ部分を部分の骨を削って修正する美容整形は人気のようです。まさしく顔の骨格から変えてしまう美容整形がほとんどのようで、そのため元の面影がなくなり、別人のようになってしまうわけです。また、日本ではまだまだ美容整形は女性がするものというイメージが強いですか、韓国では男性の美容整形もかなり多いようです。例えば就活の時期になると、プチ整形の手術を受ける男性が増加するようです。男性でも別人のように美容整形する人は少なくないようです。韓国の美容整形で別人のようになってしまう理由の1つに顔だけでなく体まで含めた総合的な美容整形を望む場合が多いことがその要因だと考えられます。

変わりたいなら美容外科へ

仙台を始め幅広いエリアに美容外科があるため、自身の見た目を少しでも変えたいと思うのであれば美容外科を利用すると良いでしょう。美容外科は主に仙台駅などアクセスの良い駅チカに構えていることが多いため気軽に足を運ぶことができます。また、仙台には全国展開する大手の美容外科から地元の仙台だけで展開している美容外科もあるので、自分に適したところを選ぶと良いでしょう。

Copyright© 2019 仙台の美容外科で美しくなる【なりたい私に即チェンジ】 All Rights Reserved.