サイトメニュー

目元の若返り手術

ラインを入れる

目の下のたるみがあると、実年齢よりも老けて見られることがあります。生まれつき目の下のたるみが目立つ人もいますが、加齢による目の下のたるみの原因は、筋力の低下やコラーゲンの減少、摩擦や乾燥などが原因です。目の下のたるみを自分で改善するには、血行を良くするマッサージや目の周りの筋力トレーニング、アイクリームの使用などがあります。しかし、目の周りの皮膚はとても薄くデリケートなので、力を入れてマッサージをするとたるみがひどくなる場合もあるので要注意です。どうしてもすぐに改善したいなら、最終手段として仙台の美容外科に行って美容整形を受けるという方法もあります。美容整形をすれば、どんなに深刻な目の下のたるみでも、一日で解消することができます。

目の下に脂肪がついてたるんでいる場合は、脂肪を取る美容整形をすれば解消できます。目の下の脂肪を取るには、脱脂法が有効です。脱脂法は、下瞼の中を数ミリ切開して、内部から目の下に溜まった脂肪を取り除く手術です。切開するのは下瞼の粘膜の中なので、見た目ではまったく分からないのが魅力です。また、粘膜は傷の治りが早いという特徴があるので、傷跡はすぐに治癒します。メスを使わないでたるみを取るには、脂肪溶解注射(メソセラピー)があります。脂肪溶解注射は注射だけで脂肪が取れる、最近人気のあるプチ痩身法です。脂肪吸引は目の周りなどデリケートな部分にはできませんが、脂肪溶解注射なら目の下にある脂肪を取ることが可能です。

仙台の美容外科によっては施術内容が異なる場合や、自身が受けたい施術が受けられないということもあります。そのため、目の下のたるみを解消したいのであれば仙台にある美容外科の情報を調べてから行くようにしましょう。また、目の下のたるみの状態によっては自身が希望する施術が受けられないこともあるため予め把握しておくと良いです。仙台を始め全国にある美容外科では、最初に必ずカウンセリングが行なわれて目の下のたるみの状態を医師にチェックしてもらうことができます。その際にどういった施術が良いのか、費用や効果など様々な部分を伝えてもらうことができるでしょう。

Copyright© 2019 仙台の美容外科で美しくなる【なりたい私に即チェンジ】 All Rights Reserved.